2006年03月13日

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬

メルキアデス2.JPG

メルキアデス.JPG

昨日、恵比寿ガーデンシネマにて「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」を見てきました。

内容は、マイク(バリー・ペッパー)が国境警備隊としてテキサスに引っ越してきて、メキシコからの不法入国が絶えない国境を守るのですが、ある日間違って人を殺してしまいます。

その殺された人物メルキアデスは、以前メキシコから不法入国し、ピート(トミー・リー・ジョーンズ)が経営する農場で働き、ピートとの友情を深めていました。

メルキアデスの死を知ったピートは、知人からの情報でマイクがメルキアデスを殺したことを知り、マイクを拉致してしまいます。

そしてメルキアデスが生前に語っていた言葉「俺が死んだら故郷ヒメネスに埋めてくれ」という約束を守るために、ピートはマイクと死んだメルキアデスと共にヒメネスを目指して旅することになります。

果たして旅の先にあるものとは…



この映画とても良かったです。
私の好きな映画「21g」に雰囲気が似ているなぁ〜と思っていたら、
脚本家がギジェルモ・アリアガで同じ人でした。

国と国が見えない線によって別けられていても、そこに住む人は同じ人間。
なのに国が違うだけで誤解や偏見が生まれてしまう。

マイクも始めは国境を守るために、不法入国しようとしたメキシコ人の女性を殴り、
明らかにメキシコ人に対する差別をしていましたが、
ピートとの旅で優しいメキシコ人達と会い、
その心が変化していくのが感じられました。

国境の問題や男同士の友情が、とっても伝わってくるいい映画です。
テキサスの砂漠やキレイな景色、音楽もすばらしかったです。

恵比寿ガーデンプレイスで上映している映画は、いいものが多いのでオススメです!

posted by yu at 19:30| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポルファボル。
Posted by Jムズ at 2006年03月13日 22:35
グラシアス!
Posted by yu at 2006年03月13日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14761963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
Excerpt:  フランスのシネマは毎週プログラムが変わるので、うかうかしていると佳作でもあっという間に終わってしまいます。ハリウッド映画の大作や日本で公開予定の「戦場のアリア」のような大ヒット作は1ヶ月以上上映され..
Weblog: フランス工房ジャーナル
Tracked: 2006-03-22 22:55

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。