2007年03月25日

パリ・ジュテーム

パリジュテーム.JPG

この前、久し振りに恵比寿ガーデンシネマで映画を見てきました。
今回見たのは「パリ・ジュテーム」

これは18人の監督による、オムニバス映画です。
それぞれの監督が、パリの愛をテーマに5分ほどの物語を作っています。

心温まる話や切なくなってしまう話、シュールな話やミステリアスな話まで、一度にたくさんの物語が見れてすごく面白かったです。

中でも一番良かったのが「14区」という物語。
仏会話を習っているアメリカ人のおばちゃんが、その語学力を試しにフランスに一人で滞在しているという話なのですが、なんとも切なく心が温まりました。

他にもたくさんの物語があるので、見ごたえがありますよ!
オススメです!
posted by yu at 18:24| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36840127
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「パリ、ジュテーム」パリを舞台の14のスケッチ
Excerpt: 「パリ、ジュテーム」★★★☆ワリと良かった ナタリー・ポートマン、 18人の監督、ガス・ヴァンサント他 パリの20区を舞台に18のストーリーが生まれた。 短編がパリの街というひと..
Weblog: soramove
Tracked: 2007-04-03 12:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。